四十肩の症状に悩まされていませんか?原因と対策をご紹介!

四十肩

いつの時代でも四十肩に悩まされている方がいらっしゃいます。酷い場合だと「つり革に手を伸ばす事すら辛い」状況に陥ってしまいます。

今回のブログでは、そういった四十肩の問題について取り上げて行こうと思います。

 

四十肩ってそもそも何?

元々は五十代の方がなる肩関節の痛みの事を指しましたが、近年は低年齢化しており「四十肩」と呼ばれる事が多くなりました。

主な症状としては、腕を上げようとすると痛みを感じたりで上がらない状態の方が多いです。

酷い症状にになると、睡眠時に肩に体重を感じると痛みで起きてしまったり、何より眠れなかったりする様な事も有るそうです。

 

辛い四十肩の原因

そんな多くの方が辛いと感じている四十肩の原因ですが、正確にはハッキリしていません。基本的には、利き腕とは逆の腕に症状が出る事が多いそうです。

明確には分かっていませんが、主にこういった事が原因ではないかと言われています。

 

  • 加齢による、肩関節の周辺部位の老化によるもの
  • デスクワーク等や細かい作業等で猫背が続いていて肩が前に出てしまっている
  • キッチンに立つ時間が長く、下を見る事が多く負荷がかかっている
  • 四十肩と言うよりも、ストレートネックなど別の原因によるもの

 

四十肩に効くと言われている治療法

四十肩の治療法

どういった対処をするのが四十肩に良い治療法なのか?やり方は人それぞれ有りますが、それは大きく分けて下記の三つです。

 

ストレッチを行う事によって可動域を増やす!

固まってしまった肩の可動域を増やす為に、ストレッチを行う事によって肩を動きやすくしたり、痛みを緩和させる事が出来ます。またまだ症状が出ていない方でもストレッチは予防になります。

ただ注意点としては、痛みの激しい時に行ったり、「ちょっと辛いけれども頑張ろう」と言ったストイックにやる事はおススメできません。

四十肩の炎症が余計にひどくなってしまったり、痛めていない部位に負荷がかかって別の症状が出て来てしまう事が有ります。

 

最近注目されつつある漢方

今注目されているのが、「漢方」による治療です。東洋医学の四十肩に関する考え方は大きく二つです。 一つは「老化により腎機能が弱まっているからそれを回復させる」こと。もう一つは「肩まわりの血行不良を改善する」ことです。

実際にお近くの漢方薬局にご相談に行かれるのが一番良いですが、独活寄生湯(ドクカツキセイトウ)や健歩丸(ケンポガン)と言った漢方薬が合うみたいですよ。

ポピュラーな所で言うと、葛根湯とかもよいみたいなので、お時間が無い方はまずは葛根湯から入るのもおススメです。

 

現代病で有るストレートネックを改善する

最近増えて来ている傾向として、「ストレートネック」による慢性的な方の痛みを「四十肩」と捉えてしまうケースです。

これは一度整形外科とかに行って、レントゲンを撮ってもらえれば一発で自分がストレートネックかどうかはわかります。けれどもストレートネックの場合は即効性の高い対策ってまだ見つかっていません。

けれども当サイトでも取り上げているストレートネックの治療枕は、大分症状が楽なったと言う声が多く寄せられています。

気になる方は一度試されては如何でしょうか。

 

>>ストレートネックの症状に悩んでいる人に人気の枕

 

 

このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)