あなたは大丈夫?自分でストレートネックかどうかチェック!

可能性をセルフチェック

なんか最近頭が重く感じたり、肩こりが一向に良くならない。そういう方は、もしかしたらストレートネックになってしまっているかもしれません。

本日はそういった、ストレートネックになってしまっているかどうかを自分でチェックする方法をご紹介致します。

 

首に歪みが無いのかご自宅の壁を使って診断!

基本的に猫背になってしまっていたり、姿勢が悪いとストレートネックの可能性が高まります。自分の姿勢は正常なのか?それをまず確認してみましょう。

セルフチェック方法

  • 1.ご自宅の壁を背にして、両足のかかとをピッタリ壁に付ける。
  • 2.続いておしりと肩甲骨も同じ様に壁にくっつけましょう。
  • 3.この時に頭が自然と壁に付かなければ、正しい姿勢の状態ではありません。ストレートネックの可能性が有ります。

日常生活を振り返って、ストレートネックの可能性を知る

日頃どういった生活スタイルなのか?それを確認する事によって、ご自身のストレートネックのリスクを知る事が出来ます。下記の項目から一度チェックしてみて下さい。

日常生活チェック項目

  • 1.寝る前に変な姿勢で本などを読む事が多い。
  • 2.事務やデザイン関係と言った、長時間パソコンを触るお仕事をされている。
  • 3.スマートフォン等を暇が有れば見てしまうタイプ。
  • 4.時折原因不明の頭痛に悩まされる事が有る。
  • 5.肩こりが慢性的に発症している。

これらのいずれかに該当する方は、注意が必要です。

 

怪しいかも?そう思ったら、医師や接骨院で診察を受けましょう

こういったセルフチェックを行った上で、「私は結構当てはまる事だらけかも?」そう思ったら、医師の診察を一度受けましょう。

その際にはご自身がストレートネックの可能性が有る事を伝え、レントゲン撮影をしてもらって下さい。 レントゲンを見れば一発でわかります。

放置していても良くなる事は有りません。ちゃんとした所での診察を受けて下さいね。

>>ストレートネックの治療で注目されている枕「スローコア」

 

 

このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)