タオル一本で簡単に出来る!ストレートネックに効く運動をご紹介

タオルを使ったストレートネックの運動

タオル一本で行える、簡単なストレートネックに対応する体操の評判を良くお聞きします。

即効的な効果はもちろん期待は出来ない物の、長期間続けていれば徐々に効果が出てきそうな感じですね。

今回はそういった、タオルを用いた首の体操をご紹介させて頂きます。

 

タオルを使って矯正!ストレートネックの体操

>>今注目されているストレートネック専用の治療枕で改善させる!

 

今日は首のお話しをして行きたいと思います。 首が悪い方は結構いらっしゃると思うんですけれども、その中でも整形外科に行って検査とかした事もいると思います。

そうすると、「首の骨がまっすぐになってますよ」って言われる方。 こういう方は沢山いるんですが、「ストレートネック」と言う風に呼ばれる症状です。

そういう時に対応出来る様な、首の補助的な運動についてお話しして行ければと思います。

大きく動かすと言うよりも、「ストレッチ」と言う感じの運動をこのタオルではやって行きます。

是非見て一緒にやって下さい。

 

実際にどういう風にタオルを使うの?

まず、タオルをちょっと短めに持って下さい。そして、こんな感じで首にかけてあげます。

タオルの位置は髪の毛の生え際の下あたりで、手の位置はなるべくギリギリを持つようにします。

ピッタリでは無くていいです。

そして、「ごく軽く」の力で下方向に引っ張ります。気持ち程度です。

この状態で、首をゆっくり後ろに倒して行きます。基本的にはこれだけです(笑)

何でこれが良いのかって言うと、首の今のタオルがかかっている場所って言うのが、骨がちょこっとだけ動いてくれる部分なんです。

そこにタオルをかけてあげて、少し下向きに引っ張る。その状態で首を後ろに上げます。

ただ頭を後ろに上げるだけでは、骨が動いて欲しい方向に動いてくれません。

なのでタオルを補助的に使い、首の骨がカーブを付ける様な方向に矯正する事が出来ます。

 

このタオルを使った首の体操を行うペースについて

この運動を大体一回五秒位の時間をかけて行いたいですね。

首を後ろに倒すのに五秒、戻すのに五秒と言った感じです。

これを五セット行います。そこで注意点なのですが、くれぐれもタオルは強くひかない事。軽く腕の重みで下に引く程度にして下さい。

実はさっきお話ししたストレートネックの状態だと、頭の方にも血液が行きにくくなります。

そういう状況を改善する為にも、色々な体操と組み合わせてやってあげると効果が有ります!やってみてくださいね。

 

>>【国士舘大学教授監修】ストレートネックの為の枕エクササイズ

 

こちらでご紹介させて頂いた、サイモン山田さんは色々な体操動画をアップしています。

整骨院やカイロに行くなら、こういう詳しい先生の施術を受けられるのをお勧め致します。

 

 

ストレートネック公式ブログ関連記事

このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)